鳥飼総合法律事務所

Facebook Twitter

【印紙税】契約書の写しに印紙を貼る必要があるのは、どのような場合ですか?

 
投稿者
山田重則
取扱分野
税務
 

 契約書の写し(例えば、コピー機でコピーしたもの)には、原則として印紙を貼る必要はありません。しかし、次の場合には、例外的に印紙を貼る必要があります(印紙税法基本通達第19条第2項)。

① 契約当事者の双方又は一方の署名又は押印があるもの(ただし、文書の所持者のみが署名又は押印しているものを除く。)

② 正本等と相違ないこと、又は写し、副本、謄本等であることの契約当事者の証明(正本等との割印を含む。)のあるもの(ただし、文書の所持者のみが証明しているものを除く。)

 上記のような場合には、写しとはいえ、契約書の原本そのものと同視できますので、印紙を貼る必要があります。

 

鳥飼総合法律事務所 弁護士 山田重則

コラム一覧はこちら

 

上へ

メールマガジン登録