代表メッセージ

Message

 当事務所は、やる気のある弁護士を求めています。1つの例を挙げます。私が、2つの分野を取り上げ、これは誰もやっていない分野であり、誰かやらないか、と言ったところ、手を挙げた新人弁護士がいました。数年前のことです。今、その弁護士は、本人のやる気で、誰もやってない法務分野の第一人者となっています。今では、誰でも知っている有名な上場企業からも、相談を受けるようになっています。

 弁護士として成長できるか否かは、弁護士自身の考え方次第です。つまり、弁護士としての成長の基盤は、人間として成長することを自覚することです。換言すれば、自分自身の人間としての社会的責任の自覚こそが、弁護士が成長する岩盤だと知ることです。顧客のために誠実な業務を行うことを通して、人間として成長すること、その結果として、弁護士としての社会的価値が高まるのだ、という自覚が真の意味での弁護士としての成長の基盤だと思います。

 それを当事務所に期待する方よりも、当事務所をそのような事務所にするつもりで入所される方を、採用したいと思っております。

鳥飼の弁護士を知る

About us

パートナー × アソシエイト座談会

パートナーとアソシエイト、
それぞれの視点から見る鳥飼での働き方

詳しく

募集要項

  • 2021.02.09

    受付終了

    第74期司法修習生