利用規定

著作権について

当ウェブサイトおよび当ウェブサイトに掲載されている文章、画像、デザイン等の著作権は、鳥飼総合法律事務所その他の権利者が保有しています。当ウェブサイト掲載のコンテンツを利用される場合には、当事務所に事前のご連絡をお願いいたします。

免責事項

当ウェブサイトは一般的な情報の提供にとどまり、具体的な事案への利用適用について責任を負うものではありません。また、当ウェブサイトでお受けする「相談予約」はご相談のお申込みに当たり、委任契約締結以前の電子メール・電話等による法律相談は行っておりません。

個人情報保護方針

鳥飼総合法律事務所は、事務所が取得し、保有する個人情報について、個人情報の保護に関する法律、その他の関係法令を遵守し、以下に定める方針に従って、適切に取り扱うものと致します。

  1. 1.個人情報の取得

    当事務所は、本ウェブサイトを直接経由して、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス等の個人情報をご提供いただくほか、様々な場面において、必要に応じて、適正な手段により個人情報を取得致します。

  2. 2.個人情報の利用の目的

    当事務所は、個人情報を、以下の目的で利用します。個人情報保護法その他の法令により認められる事由がある場合を除き、ご本人のご同意がない限り、この範囲を超えて個人情報を利用しません。

    1. 1.当事務所が受任した法律関連業務の遂行及びこれに関するご連絡
    2. 2.当事務所からの事務所情報及び法律情報等のお知らせ(又はセミナー、シンポジウムなど、その機会のご提供)
    3. 3.当事務所の採用活動

    当事務所は、個人情報を上記の利用目的にのみ利用し、法令の定めによる場合又は別途利用目的を通知・公表している場合を除き、ご本人のご同意を得ない限り、その他の目的に個人情報を利用することはございません。

  3. 3.個人情報の管理

    当事務所は、個人情報を、事務所内の情報の管理体制、所員の教育等を通じて、適切に管理し、個人情報の漏えい、滅失、毀損又は不正アクセス等に対する予防措置を講じます。また、個人情報の取扱いを委託する場合には、委託先が個人情報を適切に管理するよう監督いたします。

  4. 4.個人情報の第三者への提供

    当事務所は、ご本人の事前のご同意がある場合又は個人情報保護法その他の法令により許される場合を除き、個人情報を第三者に提供しません。

  5. 5.個人情報の開示、訂正、利用停止等

    当事務所は、個人情報について、開示、訂正・追加又は削除、利用停止・消去、第三者提供の停止又は利用目的の通知に関しご本人からの請求があった場合には、ご請求いただいた方がご本人であることを確認のうえ、個人情報保護法の定めに従い対応します。なお、ご請求が個人情報保護法その他の法令により、開示等を要しない場合には、ご請求に添えないことがございます。また、利用目的の通知および開示に際しては、手数料を頂くことがあります。

  6. 6.アクセス解析ツールについて

    本ウェブサイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはアクセス情報の収集のためにCookieを使用しています。このアクセス情報は匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

    GoogleアナリティクスのCookieは、26ヶ月間保持されます(個々のGoogle Analyticsの設定によります)。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。Googleアナリティクスの利用規約に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。

  7. 7.お問い合わせ先

    個人情報の開示、訂正、削除については、下記連絡先までお申し出ください。

    TEL:03-3293-8817(代表)
    FAX:03-3293-8818(代表)

  8. 8.その他

    当事務所は、各種ご意見等も踏まえ、法令に従い、本方針又はその運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、本方針を変更することがあります。

情報セキュリティ基本方針

鳥飼総合法律事務所(以下「当事務所」といいます。)は、情報の重要性を強く認識し、当事務所にて業務を遂行するにあたって事務所の情報資産をあらゆる脅威から保護し、適切な安全管理をすることを目的に、情報セキュリティ基本方針を定めます。当事務所は、情報セキュリティに関する法令その他規範および契約上のセキュリティ要求事項を遵守することにより、社会から信頼を得られるような体制構築を目指します。

  1. 1.情報セキュリティ管理体制の構築

    当事務所内に、情報管理者を設置し、その責任のもと情報セキュリティの管理体制を構築します。

  2. 2.情報セキュリティに関する規則の整備

    当事務所は、情報資産全般の取扱いについて、下記内容を含む規則を整備します。この規則は当事務所の所員全員および当事務所の情報資産を使用するすべての者に対して適用するものとします。

    1. 1.情報利用・保管場所の限定
    2. 2.不正アクセス、情報漏洩等を防止するために必要なIT利用に関する事項
    3. 3.所内の指揮、承認権限、運用の点検に関する事項
  3. 3.情報セキュリティ教育の実施

    当事務所は、所員が情報セキュリティの重要性を十分に認識するように、意識の向上と技術レベルの向上などの必要な教育を実施します。

  4. 4.外部委託先への指揮・監督

    当事務所業務の外部委託先に対しても、当方針に準じて、情報セキュリティの保護を要請し、必要な指揮・監督を行います。

  5. 5.セキュリティ事故の対応

    情報セキュリティ事故の防止に努めるとともに、万一、事故が発生した場合には、再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じます。

  6. 6.情報漏洩等に対する態度

    当方針及び情報セキュリティに関する規則に違反したことを原因とした、事務所所員による情報漏洩、紛失等規に対し厳しい態度で取り組みます。

  7. 7.継続的な改善の実施

    当事務所は、情報管理の体制を評価し、情報管理の有効性を維持するために継続的に見直しおよび改善に努めてまいります。