鳥飼総合法律事務所

Facebook Twitter

「おひとり様」が亡くなったら

 
投稿者
奈良正哉
取扱分野
事業承継・相続
鳥飼総合法律事務所
 

 人が亡くなったら、遺体の引き取りがまず問題になる。その後病院への支払や、遺品の処分、葬儀、相続等、死後の事務処理事項は盛りだくさんだ。これらは親族がいれば親族がやってくれるだろう。ただ、「おひとり様」の場合誰がやってくれるのか。生前何も手当てがなければ誰もやってくれないのは明らかだ。という心配があるので、「おひとり様」を対象とした終活セミナーなどをやると盛況のようだ。また、自分の死後の事務をやってくれる契約である「死後事務委任」への関心が高まっている。生前も見守りや財産管理などをやってくれる、ホームロイヤー契約のオプションとして契約することが多いようだ。ニーズも関心も今後は高まる一方だろう。専門家にとってはビジネスチャンスでもある。

鳥飼総合法律事務所 弁護士 奈良正哉

 

上へ

メールマガジン登録