鳥飼総合法律事務所

Facebook Twitter

民事信託の信託目的

 
投稿者
奈良正哉
取扱分野
事業承継・相続
 

 民事信託(商事信託でも建前は同じだが)においては、委託者(通常当初受益者でもある)の目的に従って信託が設定される。その委託者の目的を実現するために、信託されるべき財産や受託者の選任、受託者の信託事務の内容が定まる。したがって、信託契約の中でも最も重要な条項であろう。ただ、上記にように他の条項への影響があるから、一般的には抽象的な書き振りになることが多い。もっとも、委託者の財産や生活そのものを守ることのみを目的としているのか、それ以外に例えば資産継承も視野に入れているのか等は明らかにされないと、受託者の事務権限との齟齬をきたすことが懸念されるしそうした例も見ることがある。

鳥飼総合法律事務所 弁護士 奈良正哉

 

上へ

メールマガジン登録