鳥飼総合法律事務所

Facebook Twitter

関電高浜町のコンプライアンス

 
投稿者
奈良正哉
取扱分野
コンプライアンス
企業経営・M&A
鳥飼総合法律事務所
 

 報道によれば、高浜町元助役は、原発関連の複数企業に関係していたということだ。原発は形式的には関電の事業だが、実質的には町の事業とも言えるだろう。とすれば、町の助役である地位と、原発関連企業の顧問等の地位は、実質的に利益相反状態と言える。これが町内で黙認されていたのは、元助役が町の支配者で、誰も逆らうことができなかったからだろう。関電トップも助役の不興を買うのが怖くて、最初に金品を受け取ってしまった。トップがもらってしまえば、後に続く役員・社員の対応は全てぐずぐずになるに決まっている。最初にもらったトップにもっと勇気があればよかったが、運悪く影の番長につかまってしまったのかもしれない。

鳥飼総合法律事務所 弁護士 奈良正哉

 

上へ

メールマガジン登録