会員制リゾートクラブを主宰していた会社が会員から入会時に収受した金員のうち,預託金として返還することとされている部分を除いた残りの部分が,消費税法別表第1第4号ハの物品切手等の対価にあたると判断された事例

著者等

宇治 圭

出版・掲載

税と経営 No.1941

業務分野

税務相談

詳細情報

東京地裁平成26年2月18日

関連する論文

宇治 圭の論文

一覧へ