租税法における同一用語をめぐる解釈の分岐点

著者等

西中間 浩

出版・掲載

税理 2016年9月号

業務分野

税務相談

詳細情報

事例研究 租税法における同一用語をめぐる解釈の分岐点

Ⅰ 租税法における同一用語をめぐる解釈
1 ”同一用語”の存在
2 文理解釈と趣旨解釈
3 借用概念

Ⅱ 租税法内部での同一用語についても借用概念と同じことがいえるか
1 判断のポイント
2 設例1:所得税法上の「事業」と消費税法上の「事業」
3 設例2:所得税法26条の「船舶」と所得税法161条の「船舶」

Ⅲ 納税者の予測可能性を害しない範囲での趣旨解釈

関連する論文

西中間 浩の論文

一覧へ