鳥飼総合法律事務所

Facebook Twitter

税経通信2019年12月号 民法(債権法)改正による税理士業務への影響 3

著者
西中間浩
取扱分野
税務
 

税務実務に影響のある改正項目

Ⅰ 消滅時効

1 消滅時効と税務実務との関係

2 改正の内容

3 短期消滅時効の廃止の法人税法基本通達9-6-3への影響

4 国税通則法における「更新」「完成猶予」への用語変更

5 税理士報酬の時効期間

Ⅱ 法定利率

1 法定利率と税務実務との関係

2 改正民法のポイント

3 後遺障害逸失利益の損害賠償額算定(将来利益の中間利息控除)

4 顧問契約における遅延損害金の約定の重要性の増加

 

上へ

メールマガジン登録