鳥飼総合法律事務所

Facebook Twitter

【セミナー】公認会計士及び監査法人の法的責任

 
投稿者
岩崎文昭
講演者
弁護士・公認会計士  岩崎 文昭
テーマ
公認会計士及び監査法人の法的責任                                 ~会計監査人としての損害賠償請求リスクを中心に粉飾決算の裁判例等に照らして解説~
主催
経営調査研究会
開催日
平成29年7月20日(木) 午後1時00分~午後4時00分
会場名
金融財務研究会本社(グリンヒルビル) セミナールーム
会場所在地
東京都中央区日本橋茅場町1-10-8
関連サイト
お申込みはこちら(主催者のサイトへジャンプします)
その他
受講費:34,500円(お二人目から29,000円)消費税・参考資料を含む
取扱分野
その他紛争解決
コンプライアンス
企業経営・M&A
独禁法・商取引法
 

公認会計士や監査法人が損害賠償請求を受ける場面が注目を浴びています。

公認会計士や監査法人は、会社法上の会計監査人として、会社や第三者に対する損害賠償責任を負うこととされていますが、

それは会社外部の者に対する請求というよりも、役員に準じた会社内部の者に対する請求として機能するようになっています。

本セミナーは、公認会計士等の法的責任の知識を粉飾決算の裁判例等に触れながら整理しますので、公認会計士はもちろん、

株主からの会計監査人の提訴請求に直面する可能性のある監査先企業にとっても有用な内容です。

 

上へ

メールマガジン登録