適時開示の実務 ~東証の開示制度の考え方・運用実務を踏まえて~

開催日

2022年11月11日

講演者等

伊東 祐介

主催

株式会社商事法務

https://www.shojihomu.co.jp/

お申し込み

https://www.shojihomu.co.jp/seminar?seminarId=19069773

テーマ

IR・ディスクロージャー

業務分野

法律相談一般 内部統制システム・コンプライアンス 会社・法人法務相談一般

その他

本講座は収録時にLIVE配信を実施する予定です。配信中、講義内容についてご質問いただくことが可能です。2022年11月10日(木)17時までにお申込みをいただいた方には、11月11日(金)12時までにセミナー収録時のLIVE配信の視聴情報をご案内いたします。

詳細情報

▶上場企業のご担当者において、コーポレートアクションがあった場合に何をどこまで開示すべきか、そもそも適時開示の要否や、開示すべき場合にどのような内容とするかは悩ましい問題ではないでしょうか。本セミナーでは、そのような際に指針としていただけるよう、開示制度の原理原則を踏まえ、開示の要否・内容についての考え方を基礎から応用まで幅広く解説するものです。開示実務において問題となるポイントを取り上げ、可能な限り具体的に解説いたします。
▶東京証券取引所の開示制度構築・運用実務に弁護士として従事した講師をお迎えし、経験に基づき、東京証券取引所の適時開示制度を中心に、他の開示制度との異同、適時開示制度の意義・内容を概観いただきながら、開示実務の流れについて確認します。
▶上場企業の情報開示に関わるご担当者はもちろん、上場を検討している企業の皆様も受講対象とし、開示実務で使える知識、考え方を提供することができるようわかりやすく解説することを目指します。
▶収録前にお申込みいただいた方から、解説してほしい内容や質問を事前にお伺いし、実務編の講義内容に可能な限り盛り込ませていただきます(アンケートフォームは申込後の受付完了メールにてご案内いたします)。また、LIVE配信をご受講される方は、LIVE配信中にもご質問いただくことが可能です。

 

1.情報開示制度の概要
  ・情報開示制度概要
  ・ディスクロージャーワーキング・グループ報告(2022)
  ・法定開示と適時開示制度の比較
2.法定開示制度
 (1) 金商法開示
  ・金融商品取引法に基づく開示制度の目的・理念
  ・発行開示制度と継続開示制度
  ・各種制度(臨時報告書、公開買付、大量保有報告制度等)
 (2) 会社法開示
  ・会社法に基づく開示制度の目的・理念
  ・計算書類及び事業報告並びに付属明細書
3.適時開示制度
  ・適時開示制度の意義と理念
  ・適時開示が求められる会社情報、軽微基準とは
  ・開示の要否・内容判断
  ・任意開示とは
  ・注意喚起制度とは
  ・適時開示制度における実効性確保措置
4.適時開示の実務の流れ
 (1) 適時開示の要否の検討
 (2) スケジュールの確認
 (3) 開示資料の作成
 (4) 適時開示の手続き
5.具体例による検討
 (1) 適時開示のタイミングが論点となる場合
 (2) 適時開示の内容が論点となる場合
6.質疑応答

関連するセミナー

伊東 祐介のセミナー

一覧へ