鳥飼総合法律事務所

Facebook Twitter

委託者

 
投稿者
奈良正哉
取扱分野
事業承継・相続
 

委託者

 

 現在組成されている民事信託は高齢者の財産保護を目的としたものが多い。その場合、委託者は高齢者である。民事信託と同じような機能を持つ従来型の仕組みとして遺言がある。遺言も高齢者によって作成されることがほとんどである。高齢者は理解力や判断力が下降線にある。その遺言者が亡くなったあと、遺言者が本当に内容を理解して、自身の判断に基づいて遺言をしたのか、いわゆる遺言能力が争われる裁判はたくさんある。民事信託はまだ歴史は浅い。遺言よりもずっと複雑で条文数も多い民事信託を、高齢委託者が本当に理解し、判断して契約したのか、争われる例は今後相当数出てくるかもしれない。

 

上へ

メールマガジン登録