【固定資産税】土地と家屋の固定資産税の金額が確定されるまでのプロセスを教えてください。

固定資産税は、おおまかには以下のプロセスを経て金額が確定します。

 

1 市町村の固定資産評価員等が固定資産の実地調査を行います(地方税法第408条)。

 

2 固定資産評価員等が固定資産の評価を行い、これを「評価調書」にまとめます(地方税法409条1項)。評価調書は、市町村長に提出されます(地方税法第409条4項)。

 

3 市町村長は、固定資産の価格等を決定します(地方税法第410条1項)。価格の決定は、「固定資産評価基準」及び「評価調書」に基づく必要があります(地方税法第403条1項、410条1項)。

 

4 市町村長は、決定した固定資産の価格等を固定資産課税台帳に登録します(地方税法第403条1項)。

 

5 固定資産税の課税標準は、土地については土地課税台帳等に登録された価格、家屋については家屋課税台帳等に登録された価格です(地方税法第349条第1項)。

 

6 必要に応じて課税標準の特例を適用し、課税標準を確定させます。課税標準の特例としては、例えば、住宅用地特例(地方税法349条の3の2)、被災住宅用地等特例(地方税法第349条の3の3)などが挙げられます。

 

7 固定資産税は、原則として、課税標準×1.4%で算出されます(地方税法第350条)。市町村から納税者に「納税通知書」と「課税明細書」が交付され、固定資産税が徴収されます(地方税法第364条)。

鳥飼総合法律事務所 弁護士 山田重則

投稿者等

山田 重則

業務分野

固定資産税還付

関連するコラム

山田 重則のコラム

一覧へ