鳥飼総合法律事務所

Facebook Twitter

【固定資産税】固定資産の価格の決定を争うにはどうしたらよいですか?

 
投稿者
山田重則
取扱分野
税務
 

 固定資産の価格の決定を争うためには、自治体に設置された固定資産評価審査委員会に審査の申出を行う必要があります。

 審査の申出については、東京都固定資産評価審査委員会の案内ページが参考になります(https://www.tax.metro.tokyo.lg.jp/kazei/info/hyoukashinsa.html)。

 固定資産の価格の決定を争うためには、基本的には、3年に1度の基準年度(次は2021年)の年に、納税通知書が届いてから3か月以内に審査の申出をしなければならない、という点が重要です。そのため、価格の決定を争うつもりがある場合には、実際には基準年度の前の年から固定資産の価格の決定に誤りがないか調査の上、審査の申出の際に提出する書面の準備をする必要性が高いといえます。

 固定資産評価審査委員会の審査の決定に不服がある場合には、この審査の決定の取消訴訟を提起することになります。

鳥飼総合法律事務所 弁護士 山田重則

 

上へ

メールマガジン登録