鳥飼総合法律事務所

Facebook Twitter

【解説】最新税務裁判例(税と経営_No.1998)

 
投稿者
北口建
取扱分野
税務
 

市街化区域内にある無道路地である雑種地の時価につき、財産評価基本通達に定める評価方式によっては適正な時価を算定することができない特別な事情があるとされた事例(大阪地裁平成29円6月15日判決)

 

上へ

メールマガジン登録