鳥飼総合法律事務所

Facebook Twitter

雑誌「安全スタッフ」に小島健一寄稿の「発達障害などの問題への合理的配慮」が掲載されました

  • 画像はクリックで拡大します。
著者
小島健一
取扱分野
人事・労務
 

労働新聞社「安全スタッフ」誌に小島健一が寄稿した

「発達障害などの問題への合理的配慮」が掲載されました。

https://www.rodo.co.jp/backnumber/201906152332staff/

一部抜粋致します。

「教科書的に言われていることだけが問題の原因ではありません。苦労を重ねた結果、

障害の特性や症状の上に “乗っかってしまった” かたくなな価値観や悲観的な思考パターン”に

本人自身が振り回されて逸脱行動に及び、それに直面した上司や同僚、さらに人事や経営者が

不信感や嫌悪感を募らせ、火に油を注ぐ対応をすることで事態が悪化するのだと思います。」

「その際に留意するのは『公正さ』を貫くことです。動かし難い客観的な『事実』と、

立場により異なり得る『認識』をできる限り峻別することが重要であり、

場外乱闘につき合わないで済む『対話』の土俵(リング)が画定できます。

相手方の認識を否定せずに受け止め、会社側の認識をしっかり言語化して伝えるのです。」

 

上へ

メールマガジン登録