鳥飼総合法律事務所

Facebook Twitter

アンタッチャブルゴーン

 
投稿者
奈良正哉
取扱分野
コンプライアンス
企業経営・M&A
鳥飼総合法律事務所
 

 ゴーン氏については次々に続報がなされている。報道によれば有価証券報告書の虚偽記載は、記載すべきものを他の容疑者の命令によって記載しなかった、という単純な事実であるようだ。本当か。有価証券報告書は企業が対外的に報告する最重要な書面であるはずだ。株価連動報酬が役員に支給されたのは日産内部では公知の事実だろう。そして他の役員への支給が記載されているのに、一人ゴーン氏だけ記載がないというのはいかにも不自然である。それを日産内部の人間が指摘したが、他の容疑者のより封殺されたそうだ。しかし、不記載の事実について監査法人も、監査役も気が付かないというようなことがあるのだろうか。あるいは気が付いても内部の人間と同様封殺されてしまったのだろうか。日産内部ではもちろん日産外部にあっても、ゴーン氏についてはアンタッチャブルな領域だったのだろうか。

鳥飼総合法律事務所 弁護士 奈良正哉

 

上へ

メールマガジン登録