鳥飼総合法律事務所

Facebook Twitter

【セミナー(東京)】債権管理・回収の基本と各場面でのチェックポイント

 
投稿者
鳥飼総合法律事務所
講演者
弁護士権田修一
テーマ
債権回収 -債権管理・回収の基本-
主催
SMBCコンサルティング
開催日
平成28年9月7日(水) 10:00~17:00
会場名
三井住友銀行呉服橋ビル
会場所在地
東京都中央区八重洲1-3-4
取扱分野
企業経営・M&A
 

-取引先の状況が変わったとき、倒産したとき、何をすべきか―

債権管理・回収の基本と各場面でのチェックポイント

~営業・法務担当者が押さえておきたい各場面における最善策~

 

1.債権回収の基本的な流れ

2.取引開始時のチェックポイント
  1)商業登記簿謄本のチェックポイント
  2)不動産登記簿謄本のチェックポイント
  3)取引基本契約書のチェックポイント

3.取引開始時の債権保全
  1)所有権留保
  2)保証金

4.債権管理のチェックポイント
  1)債権管理の方法
  2)消滅時効と時効の中断
  3)取引先(個人)に相続が発生したときの対応

5.担保のチェックポイント
  1)担保の種類
  2)保証人

6.取引先の協力が得られるときの債権回収のチェックポイント
  1)取引先の支払が遅れ始めたときの対応
  2)取引先にきちんと支払うように仕向ける方法
  3)取引先に対して買掛金があるときの対応
  4)取引先の他社に対する売掛金から支払を受ける方法
  5)取引先の倉庫にある商品から債権を回収する方法

7.裁判所を利用した債権回収のチェックポイント
  1)取引先に勝手に財産を処分させない方法
  2)裁判をせずに強制執行手続を利用する方法
  3)60万円以下の債権(売掛金)しかないとき
  4)手形が不渡りになったとき
  5)取引先が全面的に争う姿勢を見せているとき
  6)強制執行の手続

8.取引先の倒産時の債権回収のチェックポイント
  1)倒産の種類
  2)取引先の倒産情報が入ったときのチェックポイント
  3)取引先が破産したときの対応
  4)取引先が民事再生の申立てをしたときの対応

 

上へ

メールマガジン登録